Menu

中古バイクを選ぼう

Home
中古バイクを選ぼう|静岡県牧之原市のバイク屋 中古バイク店・カスタム・車検整備はモトショップクレフ

中古バイクを選ぼう

中古バイク選びのポイントをご紹介します!

初めてのバイク選び、もちろん新車が一番ですが費用的に厳しい方も多いと思います。
そこで中古車になるのですが、最初はチェックする項目も分からず、ショップの言いなりになって何も確認せずに購入してしまうかもしれません。中古バイクには当然、当たり外れがあります。後々トラブルが起こって思わぬ出費にならないためにも、購入前に充分なセルフチェックをするようにしましょう。
そこで、当店が、簡単で判りやすい中古バイクのポイントを紹介いたします。

1.走行距離

Point 1 走行距離

やはり気になるのは走行距離。
そのバイクが走ってきた証明みたいなものですから、
一番の参考になる部分かもしれません。

車でよく言われる走行目安【1年=1万km】を
バイクの基準に当てはめると、【1年=3000km】を目安にするのが良いでしょう。
しかし、バイクはカスタムする場合もあり、メーターを純正からオリジナルに変わっている場合がありますので、 これが全てとは言えません。純正ものからオリジナルのものへ変更できてしまうこともお忘れなく。

2.チェーンやタイヤの状態。

スリップマーク

チェーンは走っていると、だんだん緩みはじめます。
チェーンの緩みは直接事故に関わりとても危険な状態です。

また、タイヤも同じ状況でタイヤのスリップマークを確認してみましょう。
スリップマークが出ている物は滑りやすく大変危険です。
自分の欲しいバイクが上記のような症状が確認できた場合、
購入する際に必ず交換することをおすすめいたします。

3.試乗してみよう。

3.試乗してみよう。

バイクショップによっては、試乗OKのバイクも用意をしているので、
試乗できるバイクがあれば乗ってみましょう。
ハンドルをまっすぐにした状態でのタイヤの位置、クラッチの繋ぎ具合、
エンジンの異音のチェックや掛かり具合を判断することができます。

4.キズの確認

3.試乗してみよう。

中古車である以上、細かい傷は必ずあります。
しかし、あまりにも大きな傷がある場合は、それなりにぶつけたり、こけたりしていますので、
そのあたりは注意が必要です。

5.フィーリングも大事

3.試乗してみよう。

これは判断しづらい部分でもありますが、自分が選んだバイクとの相性ともあります。
またがった時のしっくりくる感覚や第六感で感じるモノなども重要です。
自分が想像していた感じと大きくかけ離れている場合もあります。
しかし、そういった際はカスタムでイメージに近づけることも可能です。

店舗情報